クリニックで完治を目指す【ラスボス抗がん剤発射よーい】

Health Consulting

だるさを解消

朝すっきり起きることができない、日中だるくなったり眠くなるという時は、何らかの病気が隠れているかもしれません。家族からいびきがうるさいと言われる場合には、無呼吸症候群の疑いがあります。 無呼吸症候群とは眠っている時に10秒以上呼吸が止まってしまい、それが一晩に30回以上、または1時間あたり5回以上あれば無呼吸症候群となります。 いびきがある場合にはその合間に起こることがあります。 無呼吸症候群になると、高血圧や心臓病、糖尿病といった合併症を引き起こす可能性もあります。病院で診断、治療をする必要があるのです。 内科や呼吸器科で診察します。CPAP治療、マウスピースの装着、外科的手術などの治療法があります。

無呼吸症候群は、合併症を引き起こす病気です。いびきをかく、昼間眠くなる、朝起きたとき口の中が乾いているという症状がある場合は、無呼吸症候群かもしれません。また、タバコや飲酒が習慣化している人や暴飲暴食が多く太っている人は無呼吸症候群になりやすいといわれています。男性に多い病気と思われていますが、女性でも起こる病気です。家族で太っている、いびきがひどいという場合にはこの病気を疑い、検査をしたほうがいいのです。 症状が軽い場合には、マウスピースや予防策で改善することもできます。 CPAP治療とは、無呼吸を防ぐための装置で寝ている間に鼻にマスクをつけて睡眠するものです。保険適用でレンタルされる装置です。 検査しどのような治療法がよいのか医師との相談で決めることになります。 合併症を起こしてからでは遅いので、気になる場合は病院に行くことをすすめます。

このエントリーをはてなブックマークに追加