クリニックで完治を目指す【ラスボス抗がん剤発射よーい】

Health Consulting

人間ドックに行く

人間ドックでは様々な職種の人が従事しています

人間ドックに行くと、白衣を着た医療従事者や、制服を着た事務を見かけることが多いですが、それぞれ担当する仕事によって職種が違います。 人間ドックに従事している主な職種は、検査や介助を行う看護師および保健師、受付や案内をする医療事務やアシスタント、診察や検査結果の判定を行う医師、胸部エックス線検査や胃バリウム検査を行っている放射線技師、呼吸機能検査や心電図検査などを担当している臨床検査技師などです。人間ドックではこのような職種の人々が、お互いに協力しながら受診者さんが、気持ち良く人間ドックを受けられるように連携しています。また、それぞれの職種の人は、アシスタントや事務の一部を除いては、国家試験に合格し特定の免許をもって従事しています。

それぞれ担当の医療従事者が、検査や判定などを行っています

検査の中には、免許がなければ行うことができないものもあります。例えば、放射線を取り扱う胸部エックス線検査やマンモグラフィ検査、胃バリウム検査などは、放射線技師のみが行うことができます。 一方、採血を行うことができるのは、保健師や看護師、臨床検査技師と医師です。しかし、多くの人間ドックにおいて採血を担当しているのは、保健師や看護師であることが多いです。ただし、その施設や状況などによって臨床検査技師が採血を行うこともあり、検査を担当するのが複数の職種ということもあります。 また、人間ドックの検査結果は、それぞれ担当の医師が判定を行っています。例えば、心電図検査の結果は循環器の医師が判定し、胃バリウム検査の結果は消化器の医師が判定をしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加